空き家は宝 だと気づけない3つの理由

空き家は宝

空き家は宝 だと、気付いていませんよね。

確かに、面倒な問題です。不動産って難しいものです。しかし、ただ単に関わりがなかっただけで、本当はカンタンで楽しくて儲かるものなのです。

気づけない理由は3つあります。1つ目は「思い込み」。難しい!と思い込んで、それ以上、考えることをやめているだけなのです。2つ目は「無関心」。ご両親が所有・管理しているので当事者意識が持てないのです。いつかは必ず相続する自覚に欠けるのです。最後の3つ目は「業者の価値観の呪縛」。不動産業者にとって、空き家は価値がありません。なぜなら価格が安いので仲介手数料が少なくて儲からないのです。ですが、これは業者の都合。ましてや不動産業界も斜陽産業。業者=プロといっても、古い価値観のままでは、新しい価値を創造できません。

あなたは、これからの時代にふさわしい新しい価値をどのように創造しますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

大友哲哉ワークライフスタイル・プロデューサー

満室戦略ビジネス育成ラボ主宰し、空き家×補助金を活用して、貸す側・借りる側に新しい価値を創造することを各種チームで取り組んでいます。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る