空き家×補助金で起業するとは

両親が住んでいる実家が空き家になったら、どうしよう?

ほかにも古い貸家や古いアパート、貸している土地、田や畑もあるかもしれません。

あなただけでなく奥様(ご主人様)のご両親や祖父母まで考えると、5コ10コの土地や建物があってもおかしくありません。いずれ相続するであろう土地や建物、いったいどうしたらいいのでしょう?

空き家は問題ではなく、新しいワークライフバランスを創造するチャンス。

こうした土地や建物から毎月毎月、安定した収入を生み出すようになったら、あなたとあなたの家族の生活はどのように変わるのでしょう?

生活費を稼ぐためにガマンして仕事をすることはありません。もっと奥様(ご主人様)や子どもたちと向き合える時間がつくれます。ご両親に親孝行することもできます。このように仕事と家族の関係を、あなたの望むようにデザインできるようになります。

空き家はビジネスに必要な資源。あとは「情報」。

私にとって空き家は「問題」ではありません。ビジネスに必要な「資源」です。

ビジネスに必要な資源とは「人」「モノ」「金」「情報」そして「時間」。つまり、空き家は「人」の集まる空間であり、「金」を生み出す「モノ」でもあります。そして「人」「モノ」「金」が既にあるので、短い「時間」でビジネスをスタートできます。あと、必要なのは「情報」です。

事業計画を作れば補助金がもらえる。

最初に必要な「情報」とは、事業計画書を作ることです。

この事業計画書は補助金申請にも使います。補助金は審査があります。起業支援をしているような中小企業診断士や税理士などが、国から委託を受けて審査しています。つまり、あなたの作成した事業計画書の妥当性をチェックしてくれます。さらに審査に合格すると補助金がもらえます。このお金は返済する義務はありません。

空き家×補助金であなたの起業の成功率は跳ね上がる。

起業してもサラリーマンの頃より辛い人生になる方もいます。

ですが、空き家×補助金の組み合わせは、ビジネスに必要な資源が揃っています。さらに現実的な事業計画書もあるのです。まずは週末起業から始めることもできます。そして軌道に乗り始めたら本格的にビジネスを行いましょう。

具体的な方法や進め方については、無料メール講座(準備中)や、空き家×補助金でショートカット起業セミナーにて教えています。今すぐ日程をチェックしてみてくださいね。

空き家×補助金でショートカット起業セミナーの日程を確認する

ページ上部へ戻る